読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あやろる ~彩凪のLoLブログ~

League of Legendsのブログ。

自分に何が出来るか考える

LoLチームで戦うゲームで、さらに言うと自分1人で戦況を動かし切るのは格差マッチでない限りは難しく、味方のプレイによっては自分は特に何もしていなくても試合には勝つこともあるし逆も然りです。

そんな中でLoLでよく見かけるのが味方へのアドバイだったらいいのですが、ミスやビルドに対する文句暴言、mia ping煽りですね。

まず、チームメイトに何かを望む前に自分は全部完璧に出来ているのか?と考えることが大事なんじゃないかなと思います。

ミスはしたくてするものではないし、ビルドやプレイも各々の考えがあってのことなので、否定されていい気分がする人はいないと思います。

 ---------------------------------------------------------------------------------------

supでサイトストーン買わないビルド組んでる人に「サイトストーン買え」と言うよりは、自身でトリンケットやコントロールワードで視界を取れるだけ取って足りない分はセーフプレイでやってみたり、「〇〇に視界が欲しいから誰かワード置けない?」のようなチャットをした方がトゲがなく受け入れてもらえる可能性が高いと思います。

低レートだと特にコントロールワードを買ってずっと持ってる人やトリンケットのスタックを消費してない人も結構見かけます。supにワードを頼りがちですが他にも置ける人がいるかもしれないので、「誰かワード置けない?」ってのは有効かなと思います。

 

また、味方と息が合わず相手の寄りが早くてデスした時に味方にmia pingする人も見かけますが、自分の立ち位置が甘くなかったかpingを出して味方が合わせ易い状況を作れてたか、視界は十分にあったのかなど、まず自分が出来ることを出来ていたか考え、その上で「今みたいな時寄ってほしい」みたいなチャットができると味方も「おk」って気持ちになります。間違っても「なんで寄らなかった?」やmia pingはしてはいけないと思います。

 

まとめ

5v5で敵も味方も毎試合変わるので色んなシーンがあると思いますが、味方は自分の駒ではないので、お願いは出来ても命令は出来ない。

それぞれの楽しみ方考え方でLoLをしているのだから、味方のプレイの否定はせず、試合ごとの味方と自分で何が出来るのか考えて出来る限りを尽くしてプレイする。

 

私は、LoLでチャットしないのですが味方との前向きなコミュニケーションは、これからしていけたらいいかもと思っています。


League of Legends ブログランキングへ