読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あやろる ~彩凪のLoLブログ~

League of Legendsのブログ。

そのプレイ考えてやってる!?

こんにちは、彩凪です。

LoLをプレイしていて、何となくやってしまう行動ってありませんか?
上達したいって思うのであれば、無意識だったり、特に考えなしに何となくでプレイしてしまうことは、今すぐやめた方がいいです!


考えなしに動くこと程意味のない行動はない

LoLは基本的にプレイヤー対プレイヤーですよね。中には己の技術を磨くことだけに全力を注いで己と戦っている人もいるかもしれませんが、基本は他のプレイヤー(敵チームのプレイヤー)を倒して、ゲームを勝ちに持っていくことを目的にするゲームです。

プレイヤーはコンピューターと違ってパターンでは動きませんよね?相手は考えて行動してきます。みんなが考えて行動している中で自分だけ考えなしに何となくで行動してしまえばその時点で、相手と差が生まれています

ワード一つ置くだけでも、持っているからとりあえず置いておこうと目の前のブッシュに置くことには何の意味もありません。
なぜなら必要でないところに設置しているのだから活用されないのです。

ダメージ交換でも何となく殴りに行くよりは、ミニオンの数・相手のチャンピオンやスキルの有無を考えて殴りに行く方が、絶対に良いってわかりますよね。

相手が考えて仕掛けてきているのに対して考えなしで応戦することは、相手にとって、ただただ嬉しいだけで、自分には何の得もないのです。

目的を明確にして必要なプレイをする

以前の記事と重複するんですが、何をするときでも明確な目的を持つことはとても大切です。目的がないまま何かをしようとすると、どうしても何となく行動してしまいます。これは仕方ないと言えば仕方ないことなんですが、目的が曖昧だと「やるべきこと」と「やるべきでないこと」が区別できないんです。

目的を明確にすればそれらの区別が出来るので、あとはそれを実行するだけですよね。明確な目的の達成の為のやるべきこと」を考えて行動することがとっても大切です。

考えなしのプレイで成長は出来ない

何も考えないで行動した結果が良くても悪くても、自分の成長にはつながりません。反射的に行動した結果は自分の中で「単なる出来事」として完結します。その為、たとえ失敗したとしても、「運が悪かったな、味方がわるかったな」という感じで終わってしまいます。

もし、この記事を読んでいる人が上達を望むのであれば、どんな場面でも自分で選択し自覚的に行動する、つまり主体的な行動をすることを心がけましょう。
主体的な行動の結果は、選択による帰結になります。多くの選択肢から自分で選んだ結果ってことです。

たとえば・・・

ジャングラーのガンクが怖いのでワードを設置し視界を取る【選択
相手ジャングラーのガンクを早期に察知して回避できた【結果
または、ワードの視界外からガンクに来られてキルを取られてしまった【結果2

こんな感じです。この場合悪い結果であれば、ワードの設置位置を変えてみるだとかで改善が出来ますよね。それの積み重ねが成長であり、プレイの上達に繋がります。何事も自分で考えて選択して行動することが大切なんです。

まとめ

・何となくでプレイしても上達しない
・目的を持つことで、やるべきことを考えられる
・考えて選択した結果を見て改善する
・改善の積み重ねが成長⇒プレイが上達


↓応援クリックが更新の励みになります!